© coinaca/コイナカ All rights reserved.

環水公園スタバ

DAY35-1 富山県富山市 世界一美しいと評判の環水公園スターバックスにいってみた+α


富山市といったらコンパクトシティで注目を集めており、森市長のお話に感銘を受けて3回も聞きにいったほどであり、本来はその自治体運営にスポットをあてて、ご紹介したいところなのですが…既に多くの研究がなされており、敢えて私が、時間をかけて執筆する必要もなかろうと思いますので、そして執筆する際は本になってしまいそうな程、富山市の取り組みは多岐にわたるので、今回は訪問の記録まで…。環水公園富山市には仕事の関係で、2、3度、訪問したことがあったのですが、中心部から少し離れているということもあり、環水公園のスターバックスには行けていませんでした。スターバックスには日本に現在日本で13店舗、「いつものお店とすこし違うスターバックス体験」をテーマとしたコンセプトストアというのがあり、どこも素晴らしいロケーション。東京だと上野公園店とか。中でも富山の環水公園のスターバックスは2008年に、2万店舗ある世界中のお店の中でもっとも美しいスターバックスとの評価を受けたお店。一度足を運んでみたいな〜と思っていました。

環水公園スタバ8時の開店に遅れること10分程度、なのに朝から周辺のビジネスマン、ジョギング帰り、犬の散歩でお客さんがたくさんいました。(もちろん、「たくさん」といっても東京のスタバの半分にも満たないのですが。)

 

店内は冷凍庫のような寒さなので、そこでキンキンに身体を冷やしてから、展望を楽しむべく、テラス席へ。確かにすっごく素敵なんですが、世界一….かなぁ…。北海道の大自然、長野の北アルプスの雄大な景色を見た後で、公園のすぐ後ろにビルが立ち並ぶ景色に思った程の感動がない。一種の美しい景色ボケをしているようです。ただ、後できいた話では、夜のライトアップがロマンチックでおすすめらしい。しまった…。

鵜殿さんと

スタバにて、いくつかメール処理・blog更新をすませ、早めのランチタイム。前の会社の富山事務所の先輩に会いにいき、お寿司をご馳走になりました^^日本海のお魚、やっぱり美味しい〜!!!思えばしばらく信州の山の幸ばかり食べていたので、新鮮なお魚は本当に美味しく感じました。

まちなかのお花

食べっぱなしも申し訳ないので、ランチに向かう道中見かけたものを少しご紹介します。こちらは町の中に咲き誇るお花。富山市は花のあふれる町を目指して、トラムに乗るときに花束をもっていたら無料、というおもしろいキャンペーンを行ったりしています。

 

シティサイクルこちらはシティサイクル。ヨーロッパの町ではとても一般的になってきてますが、日本ではまだまだ市民権を得ていないですね。車社会だと活躍の場が限られるからなのでしょうか。パーク・アンド・ライド、コンパクトシティ施策で、まちの中心部へ人を誘導している富山市となら相性がよさそうです。バスの停留所等と同じように、企業広告収入で運営してもよさそうですね。

シティサイクル2

富山市の取り組みはぜひ多くの方に知っていただきたいので、ご興味のある方は、こちらの資料、読んでみてください!→リンク:特色ある富山市の施策 (特に20ページ目)

 


No tags for this post.



関連記事

おばばのお話

DAY93 美しい村連合・宮崎県椎葉村 クニ子おばばと不思議の森へー大切ななにかを思い出せる場所

「クニ子おばばと不思議の森」というNHKスペシャルの番組を見て以来、いつかは訪問してみいと思っていた村、宮崎県 椎葉村(しいばそん)。宮崎県…

藤原さんと2

DAY29-2 美しい村連合・長野県南木曽町 町並み保存のパイオニア妻籠宿で学ぶ

長野県南木曽町(なぎそまち)にある妻籠宿は中山道の42番目の宿場として栄えた町。そしてここは、南木曽町が美しい村連合に加盟するはるか昔から、…

落合ダム

DAY12 美しい村連合・北海道赤井川村(1) 小売店ゼロの村(?)で暇を持て余していたら

人口約1,200人。美しい村連合加盟村の中でも小さなこの村。美しい村認定理由は「カルデラ」と「農業」。これって、日本中、どこにでもあるよね?…

田尻家

DAY56 美しい村連合・兵庫県香美町小代地区 99.9%の国産黒毛和牛はここから生まれた!和牛のふる里の人々は温かく親切だった 

美しい村連合 兵庫県 香美町小代(おじろ)地区。ここは珍しく、地域自治区単位で連合に加盟している。2005年の3町合併(美方町、村岡町、香住…

原山地区

DAY45 美しい村連合・京都府和束町1 桃源郷ならぬ”茶源郷”の美しい景観はボトムアップ&チームワークの賜物だった

京都府和束町(わづか)。そもそもこの字を「わづか」と読めなかったし、これまでに聞いたこともなかった。ただ、静岡出身 お茶好きの私としては、や…

ページ上部へ戻る