© coinaca/コイナカ All rights reserved.

ちりめん

DAY53-2 重伝建・京都府与謝野町加悦 ちりめん街道で、ちりめんじゃこは漢字で縮緬雑魚と書くと知る


かやぶきの里美山町の次は、ほど近い与謝野町・加悦(かや)へ。私たちはずっと「かえつ」と読んでいたけれど、これで「かや」と読む。2005年、「製織町」として重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)に指定された。

与謝野町地図

京都府のかなり北の方に位置している与謝野町(wikipedia:与謝野町より)。

西陣うまれの高級織物・丹後ちりめんく

「与謝野」と聞くと、与謝野鉄幹・与謝野晶子夫妻の名が思い浮かぶ。調べてみると鉄幹の父、与謝野礼厳がこの地の出身らしい。

ちりめん街道

加悦の重伝建地区は「ちりめん街道」と呼ばれており、よく整備されている。特に観光地化されているわけではないが、地図もあるし、有料ガイドさんもいる。ぜひ駐車場横の観光協会からスタートするとよいでしょう。

のれん

ちりめん街道の町並みには、こんな感じののれんが多く見られ、ちょっとした統一感を醸し出している。

ちりめん街道

ほとんどの家屋は現役。昭和初期まで繊維産業で栄えていたというだけあって、明治・大正・昭和が入り混じった町並みである。

ちりめんじゃこ vs ちりめん

少しだけ、ちりめんと、ちりめん街道の歴史を。ちりめん(縮緬)とは、「独特の光沢感を生む最高級織物」であり、特にこの地域で作られたちりめんを「丹後ちりめん」と読んでいる。

丹後ちりめん

写真:丹後織物協同組合

ちょっと写真では質感まで伝わりにくい(トイレットペーパーみたい)だけど、これが丹後ちりめん。この製法「ちりめん技法」は、100年以上門外不出とされており、京都(西陣)のみで生産されていたそう。1722年、そこに加悦の木綿屋六右衛門という人物が、手米屋小右衛門と山本屋佐兵衛という2人を送り込んで技術を習得させ、加悦に広めたといいます。

まったくの余談(でありながらタイトルになっている)だけど、布のちりめんと、魚のちりめん(ちりめんじゃこ)は、どっちが元祖なのか?という幼少からの問いが、ついに答えを得ることになりました。織物のちりめん(縮緬)が先。それがあった上で、小魚(しらす)がばらばらと広げられている様が、ちりめんに似ていることから、縮緬雑魚(ちりめんじゃこ)と呼ばれるようになったそうです。すっきり。

ちりめんじゃこ

写真:wikipedia

似ているといえば似ている、ちりめんじゃこ。ちなみに「ちりめんじゃこ」か「しらす」かという別の議論もあるようですが、とても複雑なので省略。

今でもカタカタ、ちりめんを織る音が響くまち

ちりめん街道を歩いていると、今でも織機の音が聞こえてくる。町工場がそこかしこにあって、今でもちりめんが作られているようだ。今回は、株式会社丸中さんにお邪魔しました。

工場見学

重伝建の粋な建物の中に、織物工房(というより工場)がある。

IMG_3725

中ではこんな感じの、年季の入った織機が忙しく動いていた。ガチャガチャ動く機構部分を眺めていると、しばし時を忘れる。

IMG_3726

ちょっとずつ布が紡がれていく。

IMG_3727

江戸のサプライチェーンもけっこう複雑。この絹糸も、全国の山村集落の屋根裏でいそいそ作られていたのだ。

丸中さんを出て、脇道をふらふら歩く。土壁がちょっと剥がれ落ちつつある大きめの工場や、お寺などが混在するちりめん街道。

IMG_3733

こちらの工場はけっこう大きめ。現役です。

IMG_3734

こちらも同じく。

IMG_3731

付近には立派なお寺も多く、散歩するにはちょうどよい。

IMG_3730

ここあたりの地域でよくみられる、ビビッドなお地蔵さんも隠れたみどころです。


キーワード,



関連記事

倉吉歴史講談

DAY59-1 重伝建・鳥取県倉吉市 「歴史講談」で味わう淀屋百年の計と白壁土蔵のまちなみ

鳥取県倉吉市、打吹玉川(うつぶきたまがわ)。赤瓦と白壁土蔵で知られるこの地区は、1998年に「商家町」として重伝建に指定された。この倉吉地区…

原山地区

DAY45 美しい村連合・京都府和束町1 桃源郷ならぬ”茶源郷”の美しい景観はボトムアップ&チームワークの賜物だった

京都府和束町(わづか)。そもそもこの字を「わづか」と読めなかったし、これまでに聞いたこともなかった。ただ、静岡出身 お茶好きの私としては、や…

じゅんさい狩り

DAY22 美しい村連合・福島県北塩原村・後編 北塩原村では棚からボタボタ、ボタ餅ならぬ塩ラーメンやじゅんさいが落ちてきた!

花豆モンブラン@ヒロさんのお菓子屋さん福島の地場産品を使ったツイーツコンテストで優勝したという「花豆モンブラン」を食べに、「ヒロのお菓子屋さ…

京極町_男爵の花

DAY11 美しい村連合・北海道京極町 自分たちのために美しい町を守る 羊蹄山麓名水の町のシンプルなチョイス

京極町の魅力は至ってシンプル。なんといっても羊蹄山麓の名水。そして羊蹄山をバックにした美しい農村風景にある。 日本の湧水百選にも選ばれてい…

メジカの刺し身

DAY73 重文景観・高知県中土佐町の久礼大正町市場でメジカを食す(夏季限定)

高知(土佐)といえば、たんまりと薬味がのったカツオのタタキであるが、少し足を伸ばした中土佐町でちょっと変わった魚が食べられると聞き、足を伸ば…

ページ上部へ戻る