© coinaca/コイナカ All rights reserved.

IMG_5343

DAY62-1 かつて日本最大の建築物だった出雲大社と一休さんも愛したぜんざいを堪能


ついに来ました出雲大社(正式には「いずもおおやしろ」と読む)。以前訪問した際には、その意味合いがよくわからなくて、懸命に硬貨を注連縄(しめなわ)に向かって投げていた記憶がありますが、井沢元彦氏の『逆説の日本史』シリーズを読んでから、俄然行きたかった場所のひとつ。

出雲大社

写真:出雲大社

出雲大社は、国譲りで知られる大国主命(オオクニヌシ)が祀られている神社。天照大神からの使いに「国を譲れ」と言われて譲った(かなりシンプルに言えば)という神話だけれど、実際には、実在した新勢力が元来の大豪族であったオオクニヌシを武力で追い払って、国を奪ったのでであろう、というのが定説らしい。

IMG_5300

写真:オオクニヌシとオオマリタム

その上で、謎とされているのは「なぜ出雲大社は日本最大の建造物だったのか?」ということ。普通に考えれば伊勢神宮や平安京大極殿のほうが大きくてもいいのに、どうして敵方を祀った出雲大社が最大だったのか。(ちなみに最大だったのは昔の話で、今は高さ24メートルです。それでもかなり大きいけど)

IMG_5304

写真:バツの字がインパクト大。

ちなみに出雲大社をもって最大とする説は、平安時代に「雲太、和二、京三」(=出雲が一番大きく、次が奈良の大仏、3番目が平安京大極殿)と謡われていたことが根拠になっています。当時、東大寺が高さ45メートルだったので、出雲大社(明治以前は杵築大社といった)は、それ以上だったということ。

kanawagen2

金輪御造営差図 出雲大社

かつては「いやいや、さすがにそれはないでしょ」と言われていた。しかし一方で「金輪御造営差図」という、謎の設計図が宮司家に伝わっており、そこでは3本の巨大な柱をまとめて一本としていた様子が描かれており、「もしかしたら」という期待もあったらしい。

IMG_5314

写真:赤い丸の部分が、巨大な柱が発掘された場所

そんな折、2001年に出雲大社境内の地下から、スギの大木3本を1組にした巨大な柱が発見された。これが「宇豆柱(うづばしら)」と呼ばれ、かつて「雲太」だったころの社を支えていたのではないか、と騒然となりました。この発見により、今では「出雲大社は45メートル以上の建築物で、日本最大であった」ことは定説となっているそうです。

さらには、出雲大社は一般的な二礼二拍手一礼ではなく、二礼”四”拍手一礼であったり、本殿の大国主命が正面ではなく横を向いて配置されているなど、色々と解明されぬ謎が多いようです。

島根県立古代出雲歴史博物館

そんなストーリーに満ちた出雲大社も、境内をウロウロしているだけでは、そもそも何が謎なのかすらよくわかりません。「出雲大社」って何がすごいの・・という人、あるいは出雲大社マニアにもオススメなのが、出雲大社の境内東隣にある「島根県立古代出雲歴史博物館」。

IMG_5298

宇豆柱の脇を通って、歴史博物館に向かいます。

IMG_5343

ここには、各分野の専門家が想像する「これが初代出雲大社の真の姿だ!」というレプリカが展示されています。個人的には、「世界の神話」ゾーンが興味深く、しばらくスクリーンから離れられませんでした。

銅鐸

銅鐸もたくさんあります。

IMG_5356

銅剣は、もっとたくさんあります。

IMG_5357

出雲大社の参道には、「日本ぜんざい学会 壱号店」なるぜんざい屋があります。出雲はぜんざい発祥の地だそうで、出雲地方の「神在月」にちなんだ「神在(じんざい)餅」がなまって「ぜんざい」となったことが由来とのこと。

異説としては、ぜんざいを初めて食べた一休さんがあまりの美味さに「善哉!(ぜんざい・すばらしい!の意)」と叫んだから、というのもあるそうです。どっちが本当かは分かりませんが、ぜんざい学会のぜんざいはなかなかでした。


キーワード,



関連記事

メジカの刺し身

DAY73 重文景観・高知県中土佐町の久礼大正町市場でメジカを食す(夏季限定)

高知(土佐)といえば、たんまりと薬味がのったカツオのタタキであるが、少し足を伸ばした中土佐町でちょっと変わった魚が食べられると聞き、足を伸ば…

藤原さんと2

DAY29-2 美しい村連合・長野県南木曽町 町並み保存のパイオニア妻籠宿で学ぶ

長野県南木曽町(なぎそまち)にある妻籠宿は中山道の42番目の宿場として栄えた町。そしてここは、南木曽町が美しい村連合に加盟するはるか昔から、…

落合ダム

DAY12 美しい村連合・北海道赤井川村(1) 小売店ゼロの村(?)で暇を持て余していたら

人口約1,200人。美しい村連合加盟村の中でも小さなこの村。美しい村認定理由は「カルデラ」と「農業」。これって、日本中、どこにでもあるよね?…

倉吉歴史講談

DAY59-1 重伝建・鳥取県倉吉市 「歴史講談」で味わう淀屋百年の計と白壁土蔵のまちなみ

鳥取県倉吉市、打吹玉川(うつぶきたまがわ)。赤瓦と白壁土蔵で知られるこの地区は、1998年に「商家町」として重伝建に指定された。この倉吉地区…

京極町_男爵の花

DAY11 美しい村連合・北海道京極町 自分たちのために美しい町を守る 羊蹄山麓名水の町のシンプルなチョイス

京極町の魅力は至ってシンプル。なんといっても羊蹄山麓の名水。そして羊蹄山をバックにした美しい農村風景にある。 日本の湧水百選にも選ばれてい…

ページ上部へ戻る