© coinaca/コイナカ All rights reserved.

IMG_5740

DAY64 番外・香川県美食編 道の駅滝宮の名物うどんアイスと一鶴の骨付鳥くいだおれコース


四国といえば讃岐である。讃岐といえばうどんである。したがって、四国といえばうどんなのだ。名古屋に住んでいた大学生の頃、運命に引き寄せるように村上春樹の『辺境・近境』を手に取り、その紀行文集のうちのひとつ「讃岐・超ディープうどん紀行」を読んだ。その日のうちに僕は車を持っている友人に電話を架けた。「香川行こうぜ」と。

その後、僕は何か衝動にかられるように四半期に一度ほどの割合で讃岐に向かった。それは多くの場合において、夜中に思いついたように走りだし、朝イチから午後まで讃岐うどんを食べ続ける、という荒行だった。初めて食した讃岐うどんはそれほどまでに美味しく、「どっちかっていわずとも蕎麦派」と言っていた僕に猛烈な反省を迫った。

映画になって急激にうどん屋に長蛇の列が出来ようが、あの素敵な田んぼの真中のお店がちょっと味気なくリニューアルしようが、僕は通った。それは本当に素敵な気分転換だと思う。名古屋に住むということのひとつのメリットは、間違いなく「思いついたら走っていける距離に讃岐がある」ことだ。

淡路大島を経由し四国入り、一路道の駅「滝宮」へ
少し愛情があふれすぎてしまったけれど、僕らは淡路経由で四国に突入し、徳島県に挨拶すらすることなく、香川県へと向かった。この旅2万キロの中で、もっとも運転に集中した瞬間でもあった。なぜなら、「うどんアイス」の閉店時間が迫っていたからだ。

IMG_5742

暗くなる中、気持ちだけがはやる

様々あるご当地アイスの中で、老舗であり強烈な個性を放っているのが、香川県綾南町の「道の駅 滝宮」にある「うどんアイス」である。近年、本当に色んなご当地アイスがあるが、うどん度で3段階ものテイストを取り揃え、地味ーに売店の片隅で売られ続けている愛すべきロングセラー。やや雑に車を停め、閉店間際で誰もいない(店員さんすらしばらくいなかった)アイスクリーム売り場へと急いだ。

IMG_5734

思わず久しぶりだね、と声をかけたくなる。

IMG_5735

そりゃあ超こってりでしょ、と言いたくなるところだが、それはニワカというものである。3つとも味わうのが正しいと思うのだけれど、それほどうどんアイスへの期待値が高くない同行者の目線を感じ、超こってりと、さっぱりを注文した。

IMG_5741

さっぱりの見た目は、ほとんど普通のアイスのようだ。しかし侮ることなかれ、しっかり「いりこ出汁」の味が効いている。

IMG_5740

そしてこちらが本丸・「超こってり」である。いりこダシが薫るどころか、いりこがガツンとつめ込まれ、さぬきうどんの切れっ端が混入されているこの豊かな「超こってり」。チャレンジャーというよりは、「グルメ」向けだ。

うまい。僕は村上春樹氏ではないので、それ以上にうまくその瞬間の感情を説明することはできない。至福のひとときだった。

讃岐のうどん屋さん
うどんアイスより、うどんが食べたい。そんな目線に配慮し、興奮冷めやらぬうちにうどん屋へと向かった。

IMG_5746

もう名前は忘れてしまった。大抵どこのうどん屋でも、妙に店構えな立派なものを避ければ讃岐のうどんはうまい。だから店の名前もどうでもよいかもしれない。

IMG_5752

これまたうまい。
IMG_5753

夢中で食べ、外にでると辺りはもう暗くなっていた。

丸亀市の一鶴で骨付鳥を喰らう
僕は知らなかったのだけれど、丸亀は「骨付鳥」で有名らしい。とある店舗に入ろうとしたが駐車場がなかったので、お店の人に聞いた。教えの通り有料駐車場に停めて店に向かうと「今日は満席なんです!」とのこと。何のために駐車場を聞いたと思ったのだろう。そこそこ忙しいのはわかるが、この対応は不可解である。

IMG_5762

気を取り直して、次に発見した独特な店構えが目を引く一鶴へ。ここはどうやら骨付鳥の有名店らしい。

IMG_5758

骨付鳥のメニューは二種。「ひなどり」か「おやどり」である。この頃には親鳥(岐阜の方ではこうした歳を経た鳥のことをひねどり、と言っていた)の食べごたえを噛みしめる幸せを知っていた僕らは、「おやどり」が本命だなと思いつつ両方頼んだ。

かなり塩辛く、これは明らかにビール用にセッティングされている。周りを見渡せば、丸亀の人たちがビールを勢い良く飲みながら楽しくやっている。その片隅で僕ら(主にぼく)は、日本社会が「わかどり」偏重なのは生産費用対効果が大変よいからだろう、などと考えつつおやどりを粛々と味わった。

この後、トラブルで宿が見つからずに困り丸亀のまちを右往左往することとなった。丸亀市の道の駅(海沿い)の駐車場は、夜間は閉鎖されるので、道の駅車中泊組は注意されたい。なんだか妙なタワーも建っていて、この丸亀市の海岸一帯はちょっと異様な雰囲気だった。

250px-Gold_tower01s3872

間近でみるとかなり細長いタワー。ゴールドタワーというらしい。(wikipedia)


キーワード,



関連記事

中村のお父ちゃんと

DAY4 美しい村連合・山形県飯豊町 ホストファザーは森の人間国宝、現役マタギの古民家ステイ

飯豊町にきたら、農家民宿はMUST VISIT。4日目は、朝から移動のつもりが、ホストマザー&ファザーであるマタギの中村さんのお話が…

落合ダム

DAY12 美しい村連合・北海道赤井川村(1) 小売店ゼロの村(?)で暇を持て余していたら

人口約1,200人。美しい村連合加盟村の中でも小さなこの村。美しい村認定理由は「カルデラ」と「農業」。これって、日本中、どこにでもあるよね?…

京極町_男爵の花

DAY11 美しい村連合・北海道京極町 自分たちのために美しい町を守る 羊蹄山麓名水の町のシンプルなチョイス

京極町の魅力は至ってシンプル。なんといっても羊蹄山麓の名水。そして羊蹄山をバックにした美しい農村風景にある。 日本の湧水百選にも選ばれてい…

本川市長と

DAY35-3 富山県氷見市 旅の醍醐味はハプニング…にしても、はちゃめちゃなハプニングに見舞われた日本初・体育館リノベーション市庁舎視察

この4月末の退職前、私は銀行の調査部門で、地方自治体の公共施設関係の調査を担当していた。高度経済成長期に、一気に整備された日本のハコモノ・イ…

藤原さんと2

DAY29-2 美しい村連合・長野県南木曽町 町並み保存のパイオニア妻籠宿で学ぶ

長野県南木曽町(なぎそまち)にある妻籠宿は中山道の42番目の宿場として栄えた町。そしてここは、南木曽町が美しい村連合に加盟するはるか昔から、…

ページ上部へ戻る