© coinaca/コイナカ All rights reserved.

飯豊町展望台3

DAY3 美しい村連合・山形県飯豊町 いいでは本当にいいかんじの町だった


本格的な旅のはじまり、記念すべき美しい村巡り、第一号は山形県の飯豊町。狙った訳ではなく、燕三条から一番近かったので、たまたま最初になったのですが、すごくいい町でした。

飯豊町見取り図
この町は大きく2つのブロックにわけられます。JR右前椿駅を中心とした町エリア(平場とも呼んでいた)と、ザ・里山といった趣の中津川エリア。

美しい村認定のポイントは散居村集落の風景と何より頑張っている「人」だったそう。確かに、その通り。それを堪能するために、はずしてはならないのが、①展望台②観光協会③農家民宿の3点セット。この町ではどうしても一泊しなければならないところ。

山形県飯豊町マップ

モデルコース
飯豊町の1日ゴールデンコースをご紹介。
800 芋煮朝食@道の駅いいで
900 情報収集@観光協会
1000  第一展望台
1100  ランチ@レストランエルベ
1400  湯の沢間欠泉 湯の華温泉
1600  第二展望台&中津川散策
1700  宿泊@農家民宿

地元にも愛される「いい感じ」の観光協会
昨晩は道の駅いいでで車中泊。朝は8時から、さっそく東北人のソウルフード芋煮であたたかい目覚め。
140619_imoni

さて、まず訪問すべきは観光協会。JR右前椿駅構内に位置していてわかりやすい。なにやら、外から様子を伺う限りでも電話が鳴り響いており、活気がある。中に入ってみるとお揃いの黒Tシャツで若い職員さん達が迎えてくれた。少し真面目な部活部屋といった雰囲気。

地元の訪問客が耐えないのも面白いところ。私たちが話をしていたら、タイミングよく昔話の先生が訪問。「話きいでっがぁ~?」とお誘いいただき、ちゃっかり上がり込んでお茶まで頂くVIP待遇。
いいでいいかんじにTV2

スタッフの皆さんと、姥捨山のお話をしてくださった昔話の先生(右下)

「これぞ旅の醍醐味!」と、盛り上げてくれる観光協会スタッフの皆様…なにやらノリがよすぎると訝しがっていると、それもそのはず、この観光協会の事務所「いいでいいかんじにTV」というローカル番組のスタジオでもあり、みなさんはパーソナリティも兼務していらっしゃる。

レギュラーをはっているマー君とタッちゃんには、その後、二度も電話で道を聞きましたが、さすがレギュラー、歯切れよく道案内もこなしてくれた。本当にフレンドリーな観光協会。どうも、お世話になりました!誰に遭えるか楽しみに、みなさまも是非お立ち寄りを。
いいでいいかんじにTV1
おすすめ展望台から散居村の美しさを愛でる
展望台はおすすめふたつ。どちらとも、ほぼ上まで車で行けてパーキングあり。が、道が狭く荒いのと、標示はないので、観光協会で耳ダンボで行き方を聞いておくこと!一面ホリゾンタルに広がる黄緑色の田んぼの中に、ポツポツと、風雨を凌ぐ濃緑の小さな林が家々を囲んで起立している様子が美しい。
飯豊町展望台1

こちらは第一展望台(町エリアの方)から。ページトップが第二展望台(中津川)の風景。

レストラン・エルベで地元野菜を味わう
この町にきたら、ここに行け。という代表的なレストランがある町は幸運ですよね。レストラン・エルベが飯豊町のそれ。お店前に広がるガーデンハーブと地元産の野菜を使ったイタリアン。

エルベ

地元利用もあり観光バスもとまるので、平日でも満席でした。早めに行くか、事前予約しておいた方がいいかも。

接客が素っ気ないのがちょっともったいない。食材の素晴らしさをもっとアピールしてくれたらもっと美味しく食べられそう!140619_pasta

旬のアスパラのピザとパスタをいただきました。サラダバー付で1500円位。

日本で唯一はいれる間欠泉 湯の沢湯の華
午後は若乃井酒造さんの酒蔵見学ができたら最高だったけれど…今回は予約なしだったので実現せず。代わりに日本唯一はいることのできる間欠泉、湯の華温泉へ。
湯の華温泉
シュポーッシュポーッと不規則に吹き出る噴水がど真ん中にある温泉。川縁の岩場にある露天風呂。かなりの硫黄臭。周りの岩はオレンジ色に染まっていてちょっとぬめる感じ。ここ、観光地図に収まらない程遠い。ながーい山道をクリアせねばたどり着けない、まさに秘境。運転に自信がない限り、身体の疲れの前に、命を落とすことになりそうだ…。

そして、これだけでも飯豊町に来る意味が十分にある!と自信をもっておすすめできる、リピート必至の飯豊町の最強コンテンツ、農家民宿泊。こちらまた別途ご報告します!

飯豊データ

DATA – – – – – – – – –
飯豊町観光協会(JR羽前椿駅舎内)
山形県西置賜郡飯豊町大字椿1974-2
TEL : 0238-86-2411

レストラン・エルベ
山形県西置賜郡飯豊町萩生3549-1
TEL:0238-86-2828

湯の沢間欠泉湯の華(冬期休業)
山形県西置賜郡飯豊町大字広河原字湯ノ沢448-2
TEL:0238-78-0045


キーワード,



関連記事

中村のお父ちゃんと

DAY4 美しい村連合・山形県飯豊町 ホストファザーは森の人間国宝、現役マタギの古民家ステイ

飯豊町にきたら、農家民宿はMUST VISIT。4日目は、朝から移動のつもりが、ホストマザー&ファザーであるマタギの中村さんのお話が…

メジカの刺し身

DAY73 重文景観・高知県中土佐町の久礼大正町市場でメジカを食す(夏季限定)

高知(土佐)といえば、たんまりと薬味がのったカツオのタタキであるが、少し足を伸ばした中土佐町でちょっと変わった魚が食べられると聞き、足を伸ば…

倉吉歴史講談

DAY59-1 重伝建・鳥取県倉吉市 「歴史講談」で味わう淀屋百年の計と白壁土蔵のまちなみ

鳥取県倉吉市、打吹玉川(うつぶきたまがわ)。赤瓦と白壁土蔵で知られるこの地区は、1998年に「商家町」として重伝建に指定された。この倉吉地区…

藤原さんと2

DAY29-2 美しい村連合・長野県南木曽町 町並み保存のパイオニア妻籠宿で学ぶ

長野県南木曽町(なぎそまち)にある妻籠宿は中山道の42番目の宿場として栄えた町。そしてここは、南木曽町が美しい村連合に加盟するはるか昔から、…

本川市長と

DAY35-3 富山県氷見市 旅の醍醐味はハプニング…にしても、はちゃめちゃなハプニングに見舞われた日本初・体育館リノベーション市庁舎視察

この4月末の退職前、私は銀行の調査部門で、地方自治体の公共施設関係の調査を担当していた。高度経済成長期に、一気に整備された日本のハコモノ・イ…

ページ上部へ戻る