© coinaca/コイナカ All rights reserved.

IMG_9056_R

DAY80 山中にひっそり佇む肥前鍋島藩の御用窯、佐賀県伊万里市「大川内山」


日本の磁器発祥の地・有田を訪問した後は、鍋島藩の御用窯であった大河内山(おおかわちやま)へ。

日本ではじめて磁器を製造したまち―重伝建地区・佐賀県有田町

鍋島藩御用達の窯、大河内山

御用窯とは、鍋島藩御用達の窯であったということ。殿さまに献上する、あるいは殿さまが幕府など当時のお偉い方々に献上する品を作っていたわけで、その大切な技術は門外不出とされていました。腕の良い職人が集められ、絶対に技術が漏洩しないよう、大河内山に住み、日々献上品をつくっていたそうな。

IMG_9038_R

なので、有田とは町並みもかなり違います。有田がどちらかというと商家町のように、ずらーっと家が立ち並んでいるのに比べ、大川内山はその名の通り山の中のくねくね道のそこかしこに窯がひっそり隠れている感じ。その点、美しい村連合の東峰村にちょっと似ている。

IMG_9065_R
案内看板も磁器製。なんとなく町のイメージが伝わるでしょうか。

IMG_9041_R

くねくね坂道のそこかしこに、ひっそり佇む窯

車がじゃんじゃん通るわけでもなく、長距離続いているわけでもないので、散歩するには大河内山のほうが向いているかも。さすが御用窯というだけあって、ちょっと敷居の高い感じのお店が多いですが、入ってみると美しい陶磁器がたくさん並んでおります。

IMG_9046_R

磁器とひとくちに言っても、いろんな色があります。

IMG_9056_R

なんとも言えない透明感をもった磁器。陶器ばかり鑑賞していた(?)当時の大名にはたまらない質感と色みだったのでしょうね。

IMG_9049_R

商談がはかどると、お茶をだしてくれたり。もちろん湯のみはそのお店の青磁です。

IMG_9045_R

花が咲いているような不思議な模様。お茶とお菓子が美味しかったのと色合いに惹かれ、勢い余ってこのタイプの青磁茶碗(使いみちは特にない・・)を購入。

IMG_9060_R

ところどころに煙突があるまちなみ。ここ大河内山には、いまでも30の窯があるそうです。鍋島藩によって御用窯がつくられた当初、「御細工人」とよばれた職人は31人いたそう。いまでも小規模で伝統を維持する大河内山。佐賀県は伊万里、有田を旅する際には、ぜひ立ち寄ってみては。(こ)


キーワード,



関連記事

田尻家

DAY56 美しい村連合・兵庫県香美町小代地区 99.9%の国産黒毛和牛はここから生まれた!和牛のふる里の人々は温かく親切だった 

美しい村連合 兵庫県 香美町小代(おじろ)地区。ここは珍しく、地域自治区単位で連合に加盟している。2005年の3町合併(美方町、村岡町、香住…

本川市長と

DAY35-3 富山県氷見市 旅の醍醐味はハプニング…にしても、はちゃめちゃなハプニングに見舞われた日本初・体育館リノベーション市庁舎視察

この4月末の退職前、私は銀行の調査部門で、地方自治体の公共施設関係の調査を担当していた。高度経済成長期に、一気に整備された日本のハコモノ・イ…

京極町_男爵の花

DAY11 美しい村連合・北海道京極町 自分たちのために美しい町を守る 羊蹄山麓名水の町のシンプルなチョイス

京極町の魅力は至ってシンプル。なんといっても羊蹄山麓の名水。そして羊蹄山をバックにした美しい農村風景にある。 日本の湧水百選にも選ばれてい…

メジカの刺し身

DAY73 重文景観・高知県中土佐町の久礼大正町市場でメジカを食す(夏季限定)

高知(土佐)といえば、たんまりと薬味がのったカツオのタタキであるが、少し足を伸ばした中土佐町でちょっと変わった魚が食べられると聞き、足を伸ば…

倉吉歴史講談

DAY59-1 重伝建・鳥取県倉吉市 「歴史講談」で味わう淀屋百年の計と白壁土蔵のまちなみ

鳥取県倉吉市、打吹玉川(うつぶきたまがわ)。赤瓦と白壁土蔵で知られるこの地区は、1998年に「商家町」として重伝建に指定された。この倉吉地区…

ページ上部へ戻る