© coinaca/コイナカ All rights reserved.

IMG_1125

DAY89-3 特攻平和会館だけじゃない、武家屋敷やお茶畑も魅力的なまち「知覧」


鹿児島県、知覧。2007年以前は「知覧町」として、それ以降は南九州市の一部として存在するこの地域は、なんといっても「知覧特攻平和会館」で有名です。

IMG_1109

太平洋戦争中の1941年、陸軍知覧飛行場がつくられたことにより、知覧は特別攻撃隊の出撃地となります。いわゆる神風特攻隊の若者はここから飛び立ち、開聞岳を眺めながら本土を後にしました。

この施設については、訪問してもらう他ないし、多くの人が語っているので、今回はせっかくなら堪能したい周辺のスポット「武家屋敷」と「お茶畑」をご紹介。

独特すぎる庭が特徴、整然とした薩摩武家屋敷
鹿児島にはやたらと武家屋敷がたくさん残っています。重伝建地区に指定されているだけでも3か所、出水市の出水麓、薩摩川内市の入来麓、そしてここ南九州市・知覧。

なぜこんなに武家屋敷が多いのか?ということですが、もちろん本州の最南端にあって開発が進まなかったとか、明治維新の立役者である薩摩武士がこれを大切にした、ということもあるでしょう。ただ、そもそも薩摩には武家屋敷が散らばってたくさんあった、という事情もあるようです。

IMG_1060

説明によると、一国一城に限定されてしまった江戸時代、薩摩藩は「これは城ではない」と言い張って「外城(とじょう)」と呼ばれる砦を作りました。それも国中に102城も(!)。江戸時代を通じて独立の気概が醸成されるのもやむなし、といった感じ。そこには半農半武士が駐屯していたそうです。

ここ知覧も、そうした外城のひとつ。ものすごく整然と武家屋敷が残されています。

IMG_1061

看板一つ、チリひとつ落ちてなさそうな町並み。

IMG_1063

商家町と異なり、武家屋敷の門や塀は高く、中は容易にみることができません。

IMG_1065

やたらとモッコリとした生け垣。

IMG_1096

立派な門。

IMG_1078

門をくぐると、中はこんな感じのお庭になっています。有事の際に一気に攻めこまれないようにか、複雑な経路を構成していました。共通券を買うと、どのお庭でも見学できるという仕組みになっています。

IMG_1085

なかにはこんな茅葺きの武家屋敷も。江戸時代にはこういった家々が立ち並んでいたのではないでしょうか。

IMG_1087
お屋敷の中も、とても整理されています。なんとなく背筋が伸びる重伝建地区・知覧です。

IMG_1083

そして南方名物、魔物をの直進を止める石敢當(いしがんどう、せっかんどう)。喜界島にいったとき、T字路の接続部分で必ずみかけたこれ。沖縄、鹿児島の広範囲でみられるそうです。

薩摩富士・開聞岳が美しい知覧のお茶畑
超有名な特攻平和会館、かなり有名な知覧武家屋敷ときて、次に紹介するのは「茶畑」。

鹿児島は、知る人ぞ知る(そうでもないか)お茶の産地です。かつては添加のお茶どころ・静岡のアウトソース産地としてひっそりと(しかし大規模に)お茶を作っていた知覧ですが、産地表示が厳しくなった今は、「知覧茶」として売り出しています。

知覧と聞いて興奮を抑えきれない、お茶をこよなく愛する静岡県民である旅人とともに、あてもなくお茶畑を探すドライブへ。

IMG_1114

ロードサイドに出現したお茶畑。ここは京都府・和束とは異なり、だだっ広い平地に広大なお茶畑が広がっています。(下の写真が和束町の風景:記事はこちら

IMG_2265

そして遠くに薩摩富士こと、例の開聞岳!

IMG_1142

お茶をみると元気になる旅人1。

IMG_1128

あまりにも茶畑に見とれすぎ、すっかり落ちてしまった太陽。知覧訪問の際は、ぜひお茶畑へ!


キーワード,



関連記事

おばばのお話

DAY93 美しい村連合・宮崎県椎葉村 クニ子おばばと不思議の森へー大切ななにかを思い出せる場所

「クニ子おばばと不思議の森」というNHKスペシャルの番組を見て以来、いつかは訪問してみいと思っていた村、宮崎県 椎葉村(しいばそん)。宮崎県…

落合ダム

DAY12 美しい村連合・北海道赤井川村(1) 小売店ゼロの村(?)で暇を持て余していたら

人口約1,200人。美しい村連合加盟村の中でも小さなこの村。美しい村認定理由は「カルデラ」と「農業」。これって、日本中、どこにでもあるよね?…

藤原さんと2

DAY29-2 美しい村連合・長野県南木曽町 町並み保存のパイオニア妻籠宿で学ぶ

長野県南木曽町(なぎそまち)にある妻籠宿は中山道の42番目の宿場として栄えた町。そしてここは、南木曽町が美しい村連合に加盟するはるか昔から、…

田尻家

DAY56 美しい村連合・兵庫県香美町小代地区 99.9%の国産黒毛和牛はここから生まれた!和牛のふる里の人々は温かく親切だった 

美しい村連合 兵庫県 香美町小代(おじろ)地区。ここは珍しく、地域自治区単位で連合に加盟している。2005年の3町合併(美方町、村岡町、香住…

メジカの刺し身

DAY73 重文景観・高知県中土佐町の久礼大正町市場でメジカを食す(夏季限定)

高知(土佐)といえば、たんまりと薬味がのったカツオのタタキであるが、少し足を伸ばした中土佐町でちょっと変わった魚が食べられると聞き、足を伸ば…

ページ上部へ戻る