© coinaca/コイナカ All rights reserved.

京極町_男爵の花

DAY11 美しい村連合・北海道京極町 自分たちのために美しい町を守る 羊蹄山麓名水の町のシンプルなチョイス


京極町の魅力は至ってシンプル。なんといっても羊蹄山麓の名水。そして羊蹄山をバックにした美しい農村風景にある。

京極著_ふきだし公園日本の湧水百選にも選ばれているふきだし公園の湧水。札幌から毎週お水をくみにくる人も。

羊蹄山麓 湧水の町
羊蹄山、別名「蝦夷富士」は、均整がとれた独立峰。周りを囲む各町村が、それぞれの町から望むカタチの良さを主張し合う姿も、静岡vs山梨のリアル富士対決を思わせる。本日、京極町を案内してくださった佐古岡さんもご多分に漏れず。「京極町からの羊蹄山が最も美しい」と静かに主張するTHE・羊蹄山麓人のひとり。静岡出身の私としては、親近感を持たざるを得ない。

ここ、京極町の魅力は、滾々と湧き出る、羊蹄山の雪解け水。山麓各地で湧水ポイントはあるものの、京極町の湧水量がNo.1。その量1日8万t(人口30万人分)!と、いってもピンとこないが、とにかくこの町では、お風呂もトイレも蛇口をひねれば名水という贅沢。

京極町_ふきだし公園洗顔中今朝は名水洗顔!お肌が引き締まりそう!と思いきや、水の冷たさに、手が痛くってお肌すべすべを実感する前に断念。

船場先生の農業講座
美しい農村風景、といっても京極町の農村風景は、内地*の人々が思い描く白川郷的風景とは全く別もの。京極町には殆ど田んぼはなく、緩やかな丘陵一面に畑が広がる。町の平均農家当たりの耕作面積は30haほど。全国平均が約3haなので、10倍の広さ。じゃがいもや人参は単価が安いため大規模に、機械を導入する必要があり、大規模でないとできないのだそう。北海道=ジャガイモのイメージにはこういう事情があるのですね。

京極町_じゃがいも畑薄紫色の男爵の花。小学校の校歌にも登場するほど、この薄紫色は京極町民に馴染み深い色。

連作障害を避けるため、ジャガイモは4年、人参は8年、間隔を空けてしか栽培できない。その間、害虫のいない柔らかい土にコンディショニングするため、小麦、あずき、大豆等を栽培。なぜこんなに多品種を生産するのだろう…と思っていたのですが、全ては主力商品じゃがいも&人参のための戦略的作付けだったのでした。色んな知恵があるなぁ〜。

京極町_船場農場ポテトチップのCMでこーんな取れ立てシーンがありますが、本当の収穫は秋に畑がカラカラに乾いて干上がってからだそう。

京極町はIターンよりUターンが多く、兄弟経営の農家が多いそう。今回、農業レクチャーをしてくださった船場さんも、東京出戻り組でお兄さんと二人で農場を経営。「札幌まで車で1時間半、正直、生活圏内ですね」という。その便利さもUターンの決め手なのだろう。あいにく定休日でいけなかったけれど、FUNABA farmというカフェも経営しており、畑と羊蹄山を望みながらお食事できるようです。

京極_ピクルスカフェの人気商品、規格外の人参を使ったピクルスをお土産に購入。かわいい!

千客万来の吉川農場
町案内の途中、「あれ、いるかな?」と、ふと覗いた吉川農場さん。先客がいらっしゃるにもかかわらず、なぜか私たちも上がり込み、どさくさにまぎれて、お昼までご馳走に。そうこうしている間に、また別のお客様もいらっしゃってランチにジョイン。京極町民の人柄は「保守的」と聞いたけれど、あくまでそれは一般論なのでしょう。

京極_にくじゃがおうどんと、畑でとれた大豆からつくった手づくり豆腐、畑のジャガイモの肉じゃが。

奥様の由紀子さんは、嫁いでくる前は、札幌で栄養士さんをされていた経歴の持ち主で、自家製小麦をつかったパンづくり教室なども開催している。最近はフルマラソンにはまっており、週一で羊蹄山登山もこなす。めちゃくちゃパワフルな奥様である。

旦那様も地域をまたいでJazzバンドを立ち上げたり、地域の魅力を発信する企画に関わられたり。「後志という地域から、北海道の歴史ははじまっているからね」と、優しく語る吉川さん。なるほど、今でこそ札幌が中心な気がしてしまうが、歴史をたぐれば、また別のアイデンティティがある。歴史が短いだけに、より身近なのかもしれないな、と思う。住んでいる方が、そんな風に土地を大切に、誇りに思えるなんてとても素敵です。

京極_吉川農場町のたまり場的吉川農場。京極町に宿泊施設はないが、たぶん、吉川さんに電話すれば、たぶんなんとかしてくれる。笑

京極町のシンプルでぶれない美しさと賢い自治体経営
今朝9時から丸一日、町をご案内くださった佐古岡さん。佐古岡さんのお人柄も多分に関係すると思うが、この町はとっても理性的な印象を受けた。トレンドに踊らされて、無駄なモノにお金をかけることをしない。ハコモノは抑制。目的があやふやな補助金のメニューもない。周りにニセコ、小樽、洞爺湖等の観光地があるが、それはそれ。美しい村に加入したのも、観光客目当てではなく、住民の意識を高める向きが強かったようだ「私たちの町は美しい村に選ばれているんだから、いまある環境資産を守っていこうよ」という、メッセージだったそうだ。

京極町_佐古岡さん町の印象は、殆ど会った人で決まる。今回、たくさんの町の方を紹介してくださった佐古岡さんと、羊蹄山をバックに!

メッセージが伝わってか、積極的に主張する訳ではないが、町中に変にごてごてした看板や安っぽいのぼり、奇抜な建物が少ない(除、道の駅周辺…)。また、放置されたままの住宅等も殆どない。町の風景というのは、なんらかのメカニズムによって、経済的な状況や行政の姿勢を反映するものなのだろう。京極町のシンプルな美しさと、そんなことを感じた。

京極_道の駅道の駅周辺だけは京極町的精神から乖離してしまったかのようだ…音の割れたJポップにヒッピー的カラフルな看板が立ち並ぶ。

これまで悉く町長さんの就任期間が長く、50年間でたった3人しか変わっていない。しかも、全員生え抜きで行政の仕事を熟知している。現在の山崎町長も4期16年目。町の変化もよく見てきているし、長期スパンでものごとを考えるトップが続いているのが影響しているのかも、と佐古岡さん。

京極町_全景ふきだし公園展望台より、京極町全景

羊蹄山麓の湧水と、農村風景が美しい村認定のポイントになったこの町。しかし、私には、その美しさを、観光客に迎合することなく、「町の人たちのためのもの」として守っていこうとする哲学が、なによりも一番の美しさのように見えた。

*内地:本州のこと。北海道人用語。

– – – – – – – –

京極町データ
FUNABA farm
北海道虻田郡京極町字川西172-46
TEL:090-1529-5825
定休:月曜日・金曜日(11月~4月は冬季休業)

吉川英昭農場
北海道虻田郡京極町字更進623
TEL:0136-42-3054

ふきだし公園
北海道虻田郡京極町字川西

 

お願い:情報は日本一周をした2014年時点のものなので、掲載している施設やお店、温泉等に行く前には必ずお電話してからご訪問ください。もし、情報が古くなっていることがありましたら、ご連絡いただたら幸いです。


キーワード,



関連記事

原山地区

DAY45 美しい村連合・京都府和束町1 桃源郷ならぬ”茶源郷”の美しい景観はボトムアップ&チームワークの賜物だった

京都府和束町(わづか)。そもそもこの字を「わづか」と読めなかったし、これまでに聞いたこともなかった。ただ、静岡出身 お茶好きの私としては、や…

おやき村

DAY32-1 美しい村連合・長野県小川村 明治時代の石張り水路、農業女子、古民家ゲストハウス、おやき村…本州のヘソには見所が集まっていた

人口約2,800人(2014.7.1.国調推計人口)。最近、この数字を見ても「お、ある程度大きい」と感じるようになってきてしまった。東京の巨…

本川市長と

DAY35-3 富山県氷見市 旅の醍醐味はハプニング…にしても、はちゃめちゃなハプニングに見舞われた日本初・体育館リノベーション市庁舎視察

この4月末の退職前、私は銀行の調査部門で、地方自治体の公共施設関係の調査を担当していた。高度経済成長期に、一気に整備された日本のハコモノ・イ…

おばばのお話

DAY93 美しい村連合・宮崎県椎葉村 クニ子おばばと不思議の森へー大切ななにかを思い出せる場所

「クニ子おばばと不思議の森」というNHKスペシャルの番組を見て以来、いつかは訪問してみいと思っていた村、宮崎県 椎葉村(しいばそん)。宮崎県…

じゅんさい狩り

DAY22 美しい村連合・福島県北塩原村・後編 北塩原村では棚からボタボタ、ボタ餅ならぬ塩ラーメンやじゅんさいが落ちてきた!

花豆モンブラン@ヒロさんのお菓子屋さん福島の地場産品を使ったツイーツコンテストで優勝したという「花豆モンブラン」を食べに、「ヒロのお菓子屋さ…

ページ上部へ戻る