© coinaca/コイナカ All rights reserved.

どんが汁

温泉施設で食した、秋田県・東成瀬村に伝わるマタギの汁「どんが汁」がわりと普通だった。


秋田県・東成瀬村の産直の味わい深い陳列棚で発見した「どんが汁」と名のついたレトルト的パック。汁物ハンターとして試さずにはいられないと思いながらも、同産直が提供する脅威のトマトバーガーに感動しすぎてすっかりそのことは忘れていた。しかし、よほど汁物に縁があるとみえ、その後出向いた温泉で再び再開。やや混みあう食堂で恐縮しつつも、お昼時にすかさず「どんが汁」をひとつだけ注文する。

どんが汁

これが「どんが汁」だ。名前のわりに見た目は上品な味噌汁といった雰囲気。

やや白味噌に近い合わせ味噌をといた味噌汁に、スペアリブが入っている。汁は美味かった。しかしながら、東成瀬村商工会による以下の説明が醸す野趣あふれる味わいは皆無だ。ぜひいつか、熊肉を豪快に放り込んだホンモノのマタギどんが汁を味わってみたい。

どんがとは胴柄が転じてどんがになったもの。言い伝えによるとマタギが狩猟の獲物の胴柄部分をぶつ切りにしてダイコンと一緒に鍋に入れ、味噌仕立てにした豪快な料理で、古くから地元で愛されている郷土料理。味の奥深さがたまらない。

若返りまんじゅう

温泉付近で購入した「若返りまんじゅう」なるもの

なお、素晴らしい営業につられて「若返りまんじゅう」を食した。

「若返りまんじゅうは皮に吉野葛をふんだんに使いしっとりとした餅のような口当たり、のど越しに仕上げてあります。冷やすことでその食感はより一層に増します。」
秋田ずらり

ということだが、まったく普通のまんじゅうのようだった。常温で食したのがいけなかったのかもしれない。また、「若返り」にあまり根拠がなさそうなところも趣がある。(こ)

・どんが汁が食べられるお宿のリスト(東成瀬村商工会)


キーワード,



関連記事

中村のお父ちゃんと

DAY4 美しい村連合・山形県飯豊町 ホストファザーは森の人間国宝、現役マタギの古民家ステイ

飯豊町にきたら、農家民宿はMUST VISIT。4日目は、朝から移動のつもりが、ホストマザー&ファザーであるマタギの中村さんのお話が…

メジカの刺し身

DAY73 重文景観・高知県中土佐町の久礼大正町市場でメジカを食す(夏季限定)

高知(土佐)といえば、たんまりと薬味がのったカツオのタタキであるが、少し足を伸ばした中土佐町でちょっと変わった魚が食べられると聞き、足を伸ば…

本川市長と

DAY35-3 富山県氷見市 旅の醍醐味はハプニング…にしても、はちゃめちゃなハプニングに見舞われた日本初・体育館リノベーション市庁舎視察

この4月末の退職前、私は銀行の調査部門で、地方自治体の公共施設関係の調査を担当していた。高度経済成長期に、一気に整備された日本のハコモノ・イ…

落合ダム

DAY12 美しい村連合・北海道赤井川村(1) 小売店ゼロの村(?)で暇を持て余していたら

人口約1,200人。美しい村連合加盟村の中でも小さなこの村。美しい村認定理由は「カルデラ」と「農業」。これって、日本中、どこにでもあるよね?…

藤原さんと2

DAY29-2 美しい村連合・長野県南木曽町 町並み保存のパイオニア妻籠宿で学ぶ

長野県南木曽町(なぎそまち)にある妻籠宿は中山道の42番目の宿場として栄えた町。そしてここは、南木曽町が美しい村連合に加盟するはるか昔から、…

ページ上部へ戻る