© coinaca/コイナカ All rights reserved.

黒松内のホットドッグ

立ち寄り必須の道の駅。絶品ホットドッグ(と天然酵母ピザ)が味わえる北海道黒松内町の道の駅「くろまつない・トワ・ヴェール・ドゥー」


悪天候で知られる北海道・黒松内町。函館から一路、妖怪のように襲いかかる朝もやをくぐり抜け、ひらけた土地に出ると、そこにあるのが道の駅くろまつない。またの名をトワ・ヴェール・ドゥー。(緑の屋根2号という意味らしい、1号もある)

かつて「道内の道の駅人気投票ナンバーワン」にも輝いた*というこの「トワ・ヴェール・ドゥー」、その魅力は店内で焼き上げるパンと、天然酵母を使ったピザである。また、店内のレイアウトも驚くほど美しい。混沌とした東北の道の駅を踏破してきた僕には衝撃的だった。北海道ってすごい。**

ここでぜひ味わっていただきたいのは、実はピザではない。ピザもうまい。しかし、ピザ屋さんでも、パン屋さんでもないコーナーで、さりげなく販売されている(ほとんど無視されていると言ってもよいだろう)ホットドッグが、稀にみる絶品なのである。

黒松内のホットドッグ

これが道の駅くろまつないのホットドッグだ。写真ではさほどうまそうに見えないのが残念である。

実に謙虚な外見を持つこのホットドッグ、ポイントはケチャップである。東成瀬の奇跡のトマトバーガーにも共通することだが、もうケチャップと呼んでいいのかわからないような、「食べ物感」にあふれたトマト・ソースがかかっている。ソースだけでドライブのお供になりそうな逸品だ。しかし残念ながら、どう作っているのかを聞き忘れた。少なくとも店内にそのケチャップは販売していなかったような気がする。

ここの道の駅には、ホットドッグに感動した2時間後に再訪し、ちゃんとピザも食した。

天然酵母ピザドゥ

これが天然酵母を使ったピザである。写真はマリゲリータ。

「ビスマルク」、「ダンケシェーン」など、なぜかドイツ色を強烈に押し出したメニューが並ぶ天然酵母ピザ工房。どれもうまく、ピザの「ふち」が苦手な僕でもまるごと完食してしまう天然酵母生地が魅力的だ。ふわふわもっちり系であるため、僕が注文したマルゲリータのようなシンプルなものよりは、たまごやアスパラやベーコンやら、いろんなものが載った非ナポリ的なものをオススメしたい。なお、一人前であればSサイズで十分。(こ)

*近年は2,3番手に甘んじているとのことである。「新しい道の駅にはかなわなくてねぇ」と担当の方。
**後々、そんな道の駅は黒松内だけだと知ることになる。

道の駅くろまつない・トワ・ヴェールドゥー

天然酵母熟成ピザドゥ(トワ・ヴェール・ドゥーWEBサイト)


キーワード,



関連記事

おばばのお話

DAY93 美しい村連合・宮崎県椎葉村 クニ子おばばと不思議の森へー大切ななにかを思い出せる場所

「クニ子おばばと不思議の森」というNHKスペシャルの番組を見て以来、いつかは訪問してみいと思っていた村、宮崎県 椎葉村(しいばそん)。宮崎県…

倉吉歴史講談

DAY59-1 重伝建・鳥取県倉吉市 「歴史講談」で味わう淀屋百年の計と白壁土蔵のまちなみ

鳥取県倉吉市、打吹玉川(うつぶきたまがわ)。赤瓦と白壁土蔵で知られるこの地区は、1998年に「商家町」として重伝建に指定された。この倉吉地区…

本川市長と

DAY35-3 富山県氷見市 旅の醍醐味はハプニング…にしても、はちゃめちゃなハプニングに見舞われた日本初・体育館リノベーション市庁舎視察

この4月末の退職前、私は銀行の調査部門で、地方自治体の公共施設関係の調査を担当していた。高度経済成長期に、一気に整備された日本のハコモノ・イ…

じゅんさい狩り

DAY22 美しい村連合・福島県北塩原村・後編 北塩原村では棚からボタボタ、ボタ餅ならぬ塩ラーメンやじゅんさいが落ちてきた!

花豆モンブラン@ヒロさんのお菓子屋さん福島の地場産品を使ったツイーツコンテストで優勝したという「花豆モンブラン」を食べに、「ヒロのお菓子屋さ…

原山地区

DAY45 美しい村連合・京都府和束町1 桃源郷ならぬ”茶源郷”の美しい景観はボトムアップ&チームワークの賜物だった

京都府和束町(わづか)。そもそもこの字を「わづか」と読めなかったし、これまでに聞いたこともなかった。ただ、静岡出身 お茶好きの私としては、や…

ページ上部へ戻る