© coinaca/コイナカ All rights reserved.

mishima_irodori

20145/31

みしまコロッケ&お土産は大社の杜 @静岡県三島市


<sample>
むかしは「町」にでるといったら隣町沼津まで遊びにいっていたもの。
しかしいつのまにか沼津からは西武が消え、マルイが撤退…。一方で、なにやら三島ではここかしこに、小さなお店がオープンしている模様。そのうちのいくつかに足を伸ばしてみました。

大社の杜
三島大社の向かいにある、2014年にオープンしたばかりのスペース。12店舗のショップや飲食店が軒を連ねるサイドには自由に飲食できるフリースポットが。ちょっと歩みを休めて、ビール片手にみしまコロッケが楽しめます(ちなみに三島コロッケはB級グルメブームにのって苦し紛れに開発されたものと認識されており、地元民には全く馴染みがありません)。   おすすめは子鹿屋!三嶋大社の鹿と富士山をテーマにしたかわいい三島グッズはお土産にぴったり!!FBにも書きましたが、開くと富士山になる模様の傘とか!アイデア賞もの多数。クリエーターさんへの独自オーダーで、ここでしか手に入らないものも多くあるようです!

三島大社の杜

三島暦の館
箱根山麓の野菜の収穫で有名なこの地域。その証拠に、三島暦というものが存在します。この地域の農業の指針となっていたカレンダーのようで、なんでも三島暦を墨でする体験ができるんだとか。一枚コピーをお土産にいかがですか…(まぁ、いらないよね 笑)

Floyd Café
水の上に浮かぶディレッタントカフェの対抗馬は、森の中のフロイドカフェ。こちらも駅からほど近い、白滝公園に面した席がおすすめ。雑貨屋さんも併設。  

Irodori
正確には三島市ではありませんが、せっかく三島に来たら、三島駅からつながる2両編成のローカル線(伊豆箱根鉄道)にのって、4駅程。足を伸ばしてまで行く価値のある古民家カフェ。空間だけでなく、素朴だけれどどっしりした味わいのケーキも魅力。

店長の地元がこちらで、なんでも実父が庭の水やりを担当されているのだとか。くまなく手入れされた庭を眺めてのんびりしていると、ジョーロ片手におじいちゃんが水まきを始める絵が、またいい。

irodori今回は帰省ついでにぶらっとしたので、暦の館のみややディープですが、あとはオシャレ店ばかりになってしまいました。東京からこだまで53分、運良くヒカリがあれば44分くらい。晴れたら週末のデートにどうぞ。


No tags for this post.



関連記事

中村のお父ちゃんと

DAY4 美しい村連合・山形県飯豊町 ホストファザーは森の人間国宝、現役マタギの古民家ステイ

飯豊町にきたら、農家民宿はMUST VISIT。4日目は、朝から移動のつもりが、ホストマザー&ファザーであるマタギの中村さんのお話が…

喜界島

DAY98 美しい村連合・鹿児島県 喜界島【前編】ノロ信仰、風葬、数々の民話、分断政治…隆起珊瑚でできた島で極上民俗ツアーを楽しむ

喜界島は奄美群島のうちのひとつ。鹿児島からはフェリーか飛行機の2ルートがある。しかし、今年は10月に入ってから季節外れの台風18号、19号が…

おやき村

DAY32-1 美しい村連合・長野県小川村 明治時代の石張り水路、農業女子、古民家ゲストハウス、おやき村…本州のヘソには見所が集まっていた

人口約2,800人(2014.7.1.国調推計人口)。最近、この数字を見ても「お、ある程度大きい」と感じるようになってきてしまった。東京の巨…

メジカの刺し身

DAY73 重文景観・高知県中土佐町の久礼大正町市場でメジカを食す(夏季限定)

高知(土佐)といえば、たんまりと薬味がのったカツオのタタキであるが、少し足を伸ばした中土佐町でちょっと変わった魚が食べられると聞き、足を伸ば…

おばばのお話

DAY93 美しい村連合・宮崎県椎葉村 クニ子おばばと不思議の森へー大切ななにかを思い出せる場所

「クニ子おばばと不思議の森」というNHKスペシャルの番組を見て以来、いつかは訪問してみいと思っていた村、宮崎県 椎葉村(しいばそん)。宮崎県…

ページ上部へ戻る