© coinaca/コイナカ All rights reserved.

mishima_irodori

20145/31

みしまコロッケ&お土産は大社の杜 @静岡県三島市


<sample>
むかしは「町」にでるといったら隣町沼津まで遊びにいっていたもの。
しかしいつのまにか沼津からは西武が消え、マルイが撤退…。一方で、なにやら三島ではここかしこに、小さなお店がオープンしている模様。そのうちのいくつかに足を伸ばしてみました。

大社の杜
三島大社の向かいにある、2014年にオープンしたばかりのスペース。12店舗のショップや飲食店が軒を連ねるサイドには自由に飲食できるフリースポットが。ちょっと歩みを休めて、ビール片手にみしまコロッケが楽しめます(ちなみに三島コロッケはB級グルメブームにのって苦し紛れに開発されたものと認識されており、地元民には全く馴染みがありません)。   おすすめは子鹿屋!三嶋大社の鹿と富士山をテーマにしたかわいい三島グッズはお土産にぴったり!!FBにも書きましたが、開くと富士山になる模様の傘とか!アイデア賞もの多数。クリエーターさんへの独自オーダーで、ここでしか手に入らないものも多くあるようです!

三島大社の杜

三島暦の館
箱根山麓の野菜の収穫で有名なこの地域。その証拠に、三島暦というものが存在します。この地域の農業の指針となっていたカレンダーのようで、なんでも三島暦を墨でする体験ができるんだとか。一枚コピーをお土産にいかがですか…(まぁ、いらないよね 笑)

Floyd Café
水の上に浮かぶディレッタントカフェの対抗馬は、森の中のフロイドカフェ。こちらも駅からほど近い、白滝公園に面した席がおすすめ。雑貨屋さんも併設。  

Irodori
正確には三島市ではありませんが、せっかく三島に来たら、三島駅からつながる2両編成のローカル線(伊豆箱根鉄道)にのって、4駅程。足を伸ばしてまで行く価値のある古民家カフェ。空間だけでなく、素朴だけれどどっしりした味わいのケーキも魅力。

店長の地元がこちらで、なんでも実父が庭の水やりを担当されているのだとか。くまなく手入れされた庭を眺めてのんびりしていると、ジョーロ片手におじいちゃんが水まきを始める絵が、またいい。

irodori今回は帰省ついでにぶらっとしたので、暦の館のみややディープですが、あとはオシャレ店ばかりになってしまいました。東京からこだまで53分、運良くヒカリがあれば44分くらい。晴れたら週末のデートにどうぞ。


No tags for this post.



関連記事

中村のお父ちゃんと

DAY4 美しい村連合・山形県飯豊町 ホストファザーは森の人間国宝、現役マタギの古民家ステイ

飯豊町にきたら、農家民宿はMUST VISIT。4日目は、朝から移動のつもりが、ホストマザー&ファザーであるマタギの中村さんのお話が…

京極町_男爵の花

DAY11 美しい村連合・北海道京極町 自分たちのために美しい町を守る 羊蹄山麓名水の町のシンプルなチョイス

京極町の魅力は至ってシンプル。なんといっても羊蹄山麓の名水。そして羊蹄山をバックにした美しい農村風景にある。 日本の湧水百選にも選ばれてい…

本川市長と

DAY35-3 富山県氷見市 旅の醍醐味はハプニング…にしても、はちゃめちゃなハプニングに見舞われた日本初・体育館リノベーション市庁舎視察

この4月末の退職前、私は銀行の調査部門で、地方自治体の公共施設関係の調査を担当していた。高度経済成長期に、一気に整備された日本のハコモノ・イ…

原山地区

DAY45 美しい村連合・京都府和束町1 桃源郷ならぬ”茶源郷”の美しい景観はボトムアップ&チームワークの賜物だった

京都府和束町(わづか)。そもそもこの字を「わづか」と読めなかったし、これまでに聞いたこともなかった。ただ、静岡出身 お茶好きの私としては、や…

倉吉歴史講談

DAY59-1 重伝建・鳥取県倉吉市 「歴史講談」で味わう淀屋百年の計と白壁土蔵のまちなみ

鳥取県倉吉市、打吹玉川(うつぶきたまがわ)。赤瓦と白壁土蔵で知られるこの地区は、1998年に「商家町」として重伝建に指定された。この倉吉地区…

ページ上部へ戻る