© coinaca/コイナカ All rights reserved.

じゅんさい狩り

DAY22 美しい村連合・福島県北塩原村・後編 北塩原村では棚からボタボタ、ボタ餅ならぬ塩ラーメンやじゅんさいが落ちてきた!


花豆モンブラン@ヒロさんのお菓子屋さん
福島の地場産品を使ったツイーツコンテストで優勝したという「花豆モンブラン」を食べに、「ヒロのお菓子屋さん」へ。お菓子づくりが得意なペンションの奥様が、この地域の名産品の花豆を使って開発したそう。と、接客してくださっ た気さくなお兄さん、その人こそ、ヒロさん(鈴木孝博さん)、ご自身でした!

もともとヒロさんはウインタースポーツ好きで移住。ペンションを始めた。今ではペンショ ンよりお菓子屋さんの方が人気になってしまったくらい。奥さんのご実家の仙台に3号店もオープン予定だそうで!ヒロさんの事業はいつのまにやら奥様に乗っ 取られ気味である。しかしあくまでも店名は「ヒロのお菓子屋さん」…素朴な名前が、やや複雑に見えてきた。

ヒロさんなんとフレンドリーな店長!ヒロのお菓子屋さんはおいしいだけじゃない!!

第1棚ぼた:水峰で塩ラーメンにありつく
そ んなヒロさんに、「せっかく北塩原に来たのに、Shio-yaさん*で塩ラーメンが食べられなかった」と愚痴をこぼしていると、お勧めしてくれたのが、隣のお店「水峰」。地元の人気店だという!閉店間際、滑り込みセーフで、栗城さんが想いを込めてつくった、山塩のラーメンにありつくことができた。上品なお味はラーメンにしてはもったいない(=あまり味はよくわからない)。しかし、さすが喜多方市がお隣だけあって、むしろラーメンがとても美味しかった。

山塩ラーメン
お店で山塩承認証を発見!山塩が生産され始めると、話題が先走ってしまい「山塩」をうたう商品が続出。ブランド管理をきちんとしてほしいとのクレームが 栗城さんの会社にくるようになってしまい、正式なお取引先には認定ラベルを提供することに。コストはお客様負担で成り立っているそう。栗城さんの実直な人柄もあるでしょう、地域みんなに愛されている山塩なのでした。

山塩認証店

第2棚ぼた:じゅんさい狩りモニター
水峰で上品なラーメンを頂いていると、ヒロさんが、お店に。わざわざ私たちの席までやってきて「じゅんさい取り、やってみませんか?」と誘ってくれた。じゅんさい好きの私たちは、もちろんやらせて頂くことに。

お邪魔したのは「地域で一番熱い男」という黒澤さんのおうち。湿地っぽい地質のこの土地では、多くのお家で裏にMY沼をもっており、じゅんさいを育てているらしい。あまりにも当然のことで今までフィーチャーされていなかったこの資源を、ひとつのコンテンツとして提供すべく、模索しているところだという。

さっそく沼へ。これは、ハマります。小舟でロープをたぐりながら沼へ。手を突っ込んで、じゅんさいのつぼみ部分「ぼんぼり」を探しあてると、その近くに若い小さなじゅんさいの葉が。これを人差し指と中指の間に挟んでプツっとやります。快感!楽しい!!
じゅんさい狩り
じゅんさいといったら、高級料亭でお吸い物にいくつか浮いているくらいですが、なんと黒澤家では、採ったじゅんさいを生で!てんこ盛り食べられます。火を通す前のじゅんさい、中はよりシャキシャキ、外はよりプルプルで臭みも全くなく、美味しい!これはイチゴ狩りやぶどう狩りより、取り方というプロセスにおいても、味という点においても魅力が勝っていると思えます。流行るといいな〜、じゅんさい狩り。
じゅんさい狩り
黒澤家では8時に蛍ウォッチングも体験させていただき、なんとBBQまでご馳走になり。本当にお世話になってしまいました。棚からボタボタ餅が落ちてきた、北塩原村なのでした。

黒澤家集合写真エコツーリズム協会会長の伊藤さん(写真左)、副会長の真野さん(その隣)も、さりげなく黒澤さん(オレンジのタンクトップ)が呼んでくださって、お話を聞くことができた。ヒロさんにしろ、黒澤さんにしろ、信じられないほどのおもてなし精神。村の人々の連携が素晴らしいパス回し(たらい回しではありません)のようなチームプレイに感じられました。北塩原村の棚ぼたは、リアルソーシャルネットワークの賜物なのでした。

<<前編:警察官から塩職人に 駅員さんから蕎麦職人に 幸せな人生の番狂わせが起こる村もご覧ください^^

* Shio-ya:山塩ラーメンで有名な人気店。歴史資料館に併設されているラーメン屋さんなのだが、歴史資料館の休館日と連動しており、火曜日定休。なんでも、喜多方の有 名店、喜一の料理人さんがご指導しているとのこと。火曜日は、本家である喜多方の喜一で山塩ラーメンが食べられる日になっているという話を栗城さんに聞い たが、そのときには既にタイムアウト。喜多方は朝からラーメンを食べる習慣があるため、喜一のオープンは午前7時。お昼までにはだいたい売り切れてしまっ ているのだという。インスタントのShio-yaラーメンを購入して我慢しました。

  • ヒロのお菓子屋さん
    (ペンション・カフェ)福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字曾原山1095-47TEL:0241-32-2730
    (テイクアウト)耶麻郡北塩原村桧原剣ヶ峯1093-468
    TEL:0241-23-5330
    ちなみにこちらにも小さなeat inスペースあります。
  • 水峰
    福島県耶麻郡北塩原村桧原剣ケ峯1093
    TEL:0241-32-2003

キーワード,



関連記事

昔の小坂町

DAY7 美しい村連合・秋田県小坂町 生きた没落の歴史と底力を語る町、もっと語ってほしい町

小坂町は、他の美しい村とは一風違った町である。美しい村連合加盟村には、それぞれ加盟理由というのがあり、一般的には自然や農村の営み、史跡やお祭…

田尻家

DAY56 美しい村連合・兵庫県香美町小代地区 99.9%の国産黒毛和牛はここから生まれた!和牛のふる里の人々は温かく親切だった 

美しい村連合 兵庫県 香美町小代(おじろ)地区。ここは珍しく、地域自治区単位で連合に加盟している。2005年の3町合併(美方町、村岡町、香住…

本川市長と

DAY35-3 富山県氷見市 旅の醍醐味はハプニング…にしても、はちゃめちゃなハプニングに見舞われた日本初・体育館リノベーション市庁舎視察

この4月末の退職前、私は銀行の調査部門で、地方自治体の公共施設関係の調査を担当していた。高度経済成長期に、一気に整備された日本のハコモノ・イ…

落合ダム

DAY12 美しい村連合・北海道赤井川村(1) 小売店ゼロの村(?)で暇を持て余していたら

人口約1,200人。美しい村連合加盟村の中でも小さなこの村。美しい村認定理由は「カルデラ」と「農業」。これって、日本中、どこにでもあるよね?…

中村のお父ちゃんと

DAY4 美しい村連合・山形県飯豊町 ホストファザーは森の人間国宝、現役マタギの古民家ステイ

飯豊町にきたら、農家民宿はMUST VISIT。4日目は、朝から移動のつもりが、ホストマザー&ファザーであるマタギの中村さんのお話が…

ページ上部へ戻る